塚口北ふたば保育園

総合避難訓練

1月18日に総合避難訓練を行いました。地震が発生し、津波が迫ってくることを想定してつかしんの屋上に全園児で避難しました。

園内で地震発生の声を聞き、すぐに保育士のところにまで集まる子ども達。その後、沿岸部で津波発生した事を想定し、0、1歳児は避難車で、2歳児と幼児クラスは手をつないで、つかしんまで避難しました。

つかしんに無事到着。いよいよ屋上に避難。

0歳児は保育士に抱っこをされながら、1,2歳児も一生懸命に自力で階段を登っています。

子どもも保育士も実際に起きた時を想定して、ひたすら一生懸命上に向かって登った訓練、、、無事に到着。職員全員『ほっ。』

お話を聞いた後、少しその辺りを歩いてみました。

「高いね!」「向こう山が見えるよ」

景色を眺めながら高い所まで避難できたことを実感している子ども達です。

帰りに階段を下るのも、「こわ~い」と言いながらも、一段一段しっかりと確認をしながら、みんな降りることが出来ました。

津波発生時には、つかしんの屋上へ避難をします。玄関にも掲示していますが、今一度、災害時の避難場所やお迎えなどの確認をお願いします。